まつだまつだ
2016/02/17

行動ターゲティング広告とは

この記事は約1分で読めます。

行動ターゲティング広告とは

用語辞典

行動ターゲティング広告とは、ネット上でサイトを巡回しているユーザーの行動履歴をもとに、ターゲットを絞ってユーザーの興味や関心のある広告を配信する手法です。

あらかじめターゲットを絞り込んで広告を配信するため、無駄な広告の露出を控え、費用対効果が高くなります。

ターゲティングの種類は、検索サイトに入力したキーワードをもとに広告を配信する「検索連動型広告」や、特定のサイトに限定して広告を配信する「サイトターゲティング」など、幅広い手法があります。

 

行動ターゲティング広告とは
まつだ 渉外課

渉外担当のまつだです。 Web関連以外にも、幅広い営業活動をしています。

この記事の関連記事

一覧へ戻る

私たちについて

私たち『Camarade(カマラード)』はクリエイター目線で
総合的な情報を発信するWebメディアとして
PhotoShopやillustratorの活用方法や、WordPressなどのCMSの
カスタマイズ方法など幅広い情報をお届けしていきます。
同時にSOHOやフリーランスのパートナーを募集しております。