CamaradeCamarade
2015/02/25

『PCのスリープ状態が勝手に解除される』を解決。

この記事は約3分で読めます。

『PCのスリープ状態が勝手に解除される』を解決。

パソコン小技

自分のPCですが、席をはずすことが多いため、電源を切らずにスリープ状態にしておくことが多々あります。
日によってはそのまま帰宅することもあるのですが、最近、朝に出社してみると電源がONになっていて、ディスプレイにログイン表示がされているケースが増えていました。

これは誰かが触ったのか!?

まさかハッキング!?

それとも妖怪のせいなのかっ!!?

 

と勘繰ったのですが、よくよく調べると誰にも触られた形跡もなく、データ改竄の形跡もなく。
う~ん。なんだろう?と考えていたのですが、少し見ていたらようやく気付きました。

「WindowsUpdata」の自動更新時間が「毎日3:00」に設定されていました。

ということは、この「毎日3:00」に電源がついていたのはMicrosoftから自動で配信されていたからなんですね。
なんということでしょう。

というわけで早速、コントロールパネルのWindowsUpdataから更新時間を変更。
そして、ネットワーク経由でPCを起こされないように、MagicPacketをオフに。
このMagicPacketとはネットワークが繋がっているPCに対して、特定のパケット通信を送信することでWakeUp(起動)させる、魔法のパケット通信のことを言います。
こんな機能があるなんて世の中恐ろしいですね。
まぁ、おもにサーバー等の遠隔操作時における際に利用するものなんですが、Windwos7はこれをサポートしているようですね。

というわけでオフにする方法は

1.「コンピューター」を右クリック→「プロパティ」
2.左側の「デバイス マネージャー」→右側の「ネットワーク アダプター」の三角形をクリック
3.ネットワークアダプタに表示されているものを右クリック→「プロパティ」
4.「電源の管理」タブで、「このデバイスで、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする」のチェックを外し「OK」をクリック

これでOK。

これで不必要な電気代を使うことがなくなりました。

一覧へ戻る

私たちについて

私たち『Camarade(カマラード)』はクリエイター目線で
総合的な情報を発信するWebメディアとして
PhotoShopやillustratorの活用方法や、WordPressなどのCMSの
カスタマイズ方法など幅広い情報をお届けしていきます。
同時にSOHOやフリーランスのパートナーを募集しております。