AkiAki
2016/07/15

ドリンクを美味しく撮るコツ【その②】

この記事は約2分で読めます。

ドリンクを美味しく撮るコツ【その②】

写真・映像撮影

皆さま真夏をいかがお過ごしですか?冷たい飲み物が美味しい季節がやってきましたね♪
前回に引き続きコールドドリンクをオシャレかつ美味しそうに撮影して、インスタやFacebookに投稿してみませんか?

コールドドリンクを美味しく撮るポイント(おさらい)

前回のおさらいです!ズバリ、この4つがポイント。

①結露
②カラー
③アングル
④自然光

では前回に引き続き③アングル④自然光について、さらっと説明して参りたいと思います(*^_^*)

▼前回の①結露②カラーについてはこちら

●ドリンクを美味しく撮るコツ【その①】
https://hp-renew.jp/blog/film-99302391/

③アングル

③アングル

まずは撮りたい「ドリンク」の見どころをチェック!
写真を撮るときは、まず「どこ」を一番見せたいのかを決めてからフレームに収めるべし。

img3-02

コールドドリンクならではのカラフルな色合いを映すなら、真上や斜め上よりも
真正面からグラスの側面を狙うと中身の色やフルーツの形が生かせるはず。

よくある一般的な写真ではドリンクを間近に撮影している写真が多いですが、
少し離れて、フレームにドリンク全体がゆとりを持って収まるように撮影すればよりアートな写真を撮れますよ♪

④自然光

どんな写真でも、室内照明より自然光の方がグッと綺麗に撮影できます。

img3-01
自然光は、明るい時間帯(日の出~夕方)までの野外やテラス席、室内なら窓際での撮影をオススメします。
ちなみに撮影する際は、カメラ(アプリ)の設定をよく確認して、ホワイトバランスを調整してから撮影してみて下さい。

コールドドリンクで真夏も写真も満喫しましょう!

海外では夏に、テラス席でコールドドリンクを楽しむのがステータスと言われるほどオシャレな文化でもあります(^^)♪
最近ではテラス席や窓際の開放的な席を設けた飲食店が増えてきましたので、是非オシャレに夏を満喫してみて下さいね。

ドリンクを美味しく撮るコツ【その②】
Aki アシスタントデザイナー

Webデザインや撮影のアシスタントなのかもしれない人。 仕事ではデジタル一眼、趣味ではアナログ推しです。フィルムっていいよね。 【愛用中】Nikon FM2、intax mini7S

一覧へ戻る

私たちについて

私たち『Camarade(カマラード)』はクリエイター目線で
総合的な情報を発信するWebメディアとして
PhotoShopやillustratorの活用方法や、WordPressなどのCMSの
カスタマイズ方法など幅広い情報をお届けしていきます。
同時にSOHOやフリーランスのパートナーを募集しております。