AkiAki
2016/06/20

ネット上で話題「元ストーカーが教える怖い話」

この記事は約4分で読めます。

ネット上で話題「元ストーカーが教える怖い話」

写真・映像撮影

その写真、大丈夫?Facebook、Twitterに留まらないSNSの危険性。
ネット上で元ストーカーによる”写真1枚で身元特定できる”ことが判明。
あなたの投稿は大丈夫ですか?

近年ストーカー被害は2万件超

最近のニュースでもネットを通じてのストーカー被害、事件を目にすることが多いですね。
実質、警察の把握の上でも2011年以降から一気にストーカー被害が増えていることが確認できており、
加害者の年齢層も20代や若年層に増加傾向がみられます。

では、2011年以降なぜ急速にストーカー被害が増えたのか。
その中の原因の1つとしてスマホの普及率が比例している事実があり、
SNSの利用拡大によって身の回りの写真を撮影・公開する機会が一層増えたことが大きいのかもしれません。

ネット上で話題「元ストーカーが教える怖い話」

twitterで元ストーカーだったユーザーが、写真1枚で住所特定できることを公開。
まったく知らない人物でも、写真1枚を見れば本名、家族の名前、住所、電話番号、子供が通っている学校を特定できてしまうことが判明。
住所や本名さえ分かってしまえば、ゴミを漁られ個人情報を盗まれたり、家族が危険な目に合うかも知れません。

では、なぜ写真1枚で特定できるのか。
それは何気ない写真と、グーグルマップさえあれば簡単に特定できてしまうようです。
ちなみにPC1台、下手すればスマホだけで個人情報の特定できてしまいます。
なんて恐ろしい時代なのでしょうか。

どう対策をとればいいのか?

かと言って、SNSで写真を投稿するのはもはや当たり前の時代。
別に誰も自分なんかの投稿見ないだろう。と思う方も、あなたの周りの誰かを狙っているのかも知れません。
是非、一度チェックしてみて下さい。

投稿してはいけない写真

・自宅

ベランダからの景色(壁も含む)、自宅周辺も危険。
ベランダの壁のデザインやタイルの型だけでもストリートビューで簡単に見つけられてしまいます。
また周辺の建物や、事故、事件の場所も映り込むと危険。車なんてもっての他。
ガーデニングやインテリアの写真を投稿する方も、よく確認してみて下さい。

・子供
子供の学校、制服、学校周辺の風景など。子供は誰にかまわず狙われます。
本当に子どもの安全を守りたいなら、子供を不特定多数の場に公開しないのが一番です。
特に保育園や学校といった施設が特定されると危険です。
学校関係のイベントは、身内だけで楽しむようにしてください。

・就職内定先
就活生、新卒の方は要注意。浮かれて、どこに内定したか公開していませんか?
内定先の会社に電話やメールを送って、実際に内定を取り消そうとしたストーカーもいたそうです。
30分で新卒のアカウントを10人ほど特定できたという人もいる事実もあり、会社名だけでも危険です。
また1人さえ分かれば、芋づる形式で個人情報が次々とバレルことも・・・。
SNSで内定先を公開するのは控えるようにしてください。

・生活圏の写真
自宅から見える看板、建物、気象情報をつぶやくだけでも危険なんです。
例えば「ゲリラ豪雨なう」とつぶやくだけでも、大分絞れてしまいます。また町の景色、空、川も危険。
何気ない日常の景色は、あなたの周りの環境を公開しているも同然なんです。

当たり前のことを言っているようですが「日常の景色」は、
知らない誰かにあなたを見られているのも同然なんです。

基準は「玄関トビラ」に貼れるもの

SNSでの投稿=「玄関トビラ」と考えましょう。
玄関のトビラに貼っても恥ずかしくないもの、不特定多数の知らない人に見られても平気なもの。
基本はお出かけ先か、室内を撮るのが無難でしょう。

実際にアイドルや芸能人のSNSを見ても、自宅周辺のものは映っていないはず。
生活感を見せすぎないように、自分の身の回りをよく見て投稿しましょう。

▼元ネタはこちら

元ストーカーも語る…個人情報のシャレにならん「怖い話」
http://matome.naver.jp/odai/2146528756231730201

元ストーカーが教えるネットの危険性…写真から辿れる個人情報
http://togetter.com/li/837039#c1984095

ネット上で話題「元ストーカーが教える怖い話」
Aki アシスタントデザイナー

Webデザインや撮影のアシスタントなのかもしれない人。 仕事ではデジタル一眼、趣味ではアナログ推しです。フィルムっていいよね。 【愛用中】Nikon FM2、intax mini7S

一覧へ戻る

私たちについて

私たち『Camarade(カマラード)』はクリエイター目線で
総合的な情報を発信するWebメディアとして
PhotoShopやillustratorの活用方法や、WordPressなどのCMSの
カスタマイズ方法など幅広い情報をお届けしていきます。
同時にSOHOやフリーランスのパートナーを募集しております。