AkiAki
2016/04/06

Let’s try チェキ!【その2】

この記事は約3分で読めます。

Let’s try チェキ!【その2】

写真・映像撮影

こんにちは♪今日はいい天気ですね。羽織ものもいらないくらい暖かくて、風が気持ち良いです。
こんな日は神戸や横浜の港町でも散歩しながら、のんびり海風を浴びていたい…お出掛けを満喫するにはぴったりのお天気ですね(*´∇`*)

さて今回も、前回にひきつづき「チェキ」について。
今日みたいな春を満喫するにはぴったりな日にも大活躍間違いなし!
アナデジ問わず写真はもちろんですが、また一味違った楽しみ方ができるチェキについてお話致します。

前回までのおさらい

チェキとはポラロイドカメラを、女子高生でも楽しめるように
手頃で簡単に操作できるように開発されたフィルムカメラです。

1998年~2000年初期の頃にFUJIFILM社が生み出した日本独自のカメラ。
当時は大ブームを巻き起こしたもののデジカメの普及により衰退。
近年アジアを中心とした海外でチェキの人気に火が着き、
日本でも再ブームが到来。

今現在では女性だけでなく、
男性やアーティストの間でもチェキは愛用されています。

チェキで撮影してみたいけど、どうすれば?

チェキで撮影するにはチェキ本体と電池、専用のフィルムが必要になります。
チェキ本体は富士フイルム社の「intaxmini」シリーズで探してみてくださいね。
大手電化製品店のカメラコーナーや、Loftや東急ハンズをはじめとした雑貨コーナーあたりに置いてあります。
ネットショップでも販売してますが、できるだけ電化製品店の正式な保証書がつくところでご購入ください。

フィルムは1パックにつき10枚セットされています。
通常のロールフィルムとは違い、プラスチックのケースに
カードタイプのフィルムが10枚入っています。
フィルムをセットする際にはくれぐれもフィルムが入った
ケースを開けないように気を付けてくださいね。
ちなみにサイズは名刺サイズと同じくらいのサイズで、
6.2cm×4.6cmと小さめなサイズ感。
フィルムに関しては、まとめ買いがおすすめです。

ネットショップや店舗によってはまとめ買いで単価がお得になることも◎

電池は製品によって、必要な種類・本数が変わってきますので
購入時によく確認しておいてください。

チェキ本体には電池が入っていなかったりするので、
同時に購入しておくと良いかと思います。

デジカメと違って準備が大切。

チェキはフィルムカメラなので、事前の準備がとっても重要です。
フィルムや電池がいつ切れるかもわかりませんし、
フィルム10枚はあっと言う間です・・・。
でも、1枚1枚がその場で現像され現れる時、
なんとも言えない感動を味わえますよ(*^_^*)

ちなみにチェキの保管する際には、
名刺やカードを入れるファイルにしまっておけます。
最近は専用のファイルの登場しているので合わせて、チェックしてみて下さい♪

ではでは(^^)/

Let’s try チェキ!【その2】
Aki アシスタントデザイナー

Webデザインや撮影のアシスタントなのかもしれない人。 仕事ではデジタル一眼、趣味ではアナログ推しです。フィルムっていいよね。 【愛用中】Nikon FM2、intax mini7S

一覧へ戻る

私たちについて

私たち『Camarade(カマラード)』はクリエイター目線で
総合的な情報を発信するWebメディアとして
PhotoShopやillustratorの活用方法や、WordPressなどのCMSの
カスタマイズ方法など幅広い情報をお届けしていきます。
同時にSOHOやフリーランスのパートナーを募集しております。