CamaradeCamarade
2015/03/19

お使いの広告を見直し!訴求力を高める3つのヒミツ

この記事は約2分で読めます。

お使いの広告を見直し!訴求力を高める3つのヒミツ

デザイン

商品を販売する方・お店をお持ちの方の中で、広告をお作りの経験がある方も多いはず。ご自身でお作りになったり、印刷会社・デザイン会社にご依頼されたりと様々だと思われます。

さて皆さま、今お使いの広告の効果に満足していますか。

少しでも気になる方は、この記事をご覧ください。広告制作者が経験を経て得ることができる「訴求力を高める広告作り」のヒミツを少しだけお教えいたします。
これから先は、今お使いの広告をお手元にご用意いただいた上でお読みください。

(1)伝えたい内容に順位をつける

01_順位をつけるまずは何を伝えたいのか?広告の目的を意識しながら内容を整理しましょう。
最も伝えたいことは何か?また、不要な内容を入れていないか?広告に直接書き込みながら確認しましょう。

(2)内容を削る

02_内容を削る商品やサービスなど、こだわって作り上げたもの程強い想いがあります。
しかし、読み手が広告に目を通す時間はごくわずかです。中でもチラシは読み手が初めに目を通す時間はわずか数秒と言われています。
見やすくなるよう、できるだけ内容を少なくしましょう。

(3)見栄えに優劣をつける

03_優劣をつける(1)でつけた順番に目がいくように大きさや色で差をつけましょう。
大まかにご説明すると、大きいものと小さなものの差があるほどインパクトが出ます。

最後に

さて、いかがでしょうか。今回ご紹介したのはほんの一部分です。
いろいろ工夫をしながら読み手に伝わる、訴求力の高い広告を作っていきましょう。

一覧へ戻る

私たちについて

私たち『Camarade(カマラード)』はクリエイター目線で
総合的な情報を発信するWebメディアとして
PhotoShopやillustratorの活用方法や、WordPressなどのCMSの
カスタマイズ方法など幅広い情報をお届けしていきます。
同時にSOHOやフリーランスのパートナーを募集しております。