しみずしみず
2017/04/27

Amazon Web Serviceを知ろう!

この記事は約3分で読めます。

Amazon Web Serviceを知ろう!

AWS

こんにちわ!
突然ですが、AWSをご存知ですか?

実は昔AWSについて検索するも公式の説明見てもよくわからなく、最近になって案件でAWSを使用する事になり、詳しく調べてみました!

AWSを知りたいがよくわからないといった方にできるだけわかりやすいように、説明していきたいと思います!

 

1.AWSとは?

AWSとは『Amazon Web Service』の略であのAmazonが提供するクラウドサービスです。
またこのサービスには、様々なサービスが提供されています。

代表的なものを挙げますと、

・仮想サーバー (EC2)
・オンラインストレージ (S3)
・リレーショナルデータベース(RDS)
・コンテンツ配信ネットワーク(CDN)

などがあります。

ざっくりと要約すると、『Amazonが提供する便利なオンライン上のサービス』と、まずは覚えてもらえれば良いのではないでしょうか?

便利な所で言えば、上記サービスを1から構築する手間暇が省けるといった所ですね。

また、このAWSを導入している企業は、
・クックパッド
・東急ハンズ
・無印良品
・NTT ドコモ
・KDDI

など様々な企業が導入しています。
https://aws.amazon.com/jp/solutions/case-studies/all/

大企業においてクラウドサービス導入理由を情報通信白書で見てみると、

・資産、保守体制を社内に持つ必要がない
・初期導入コストが安価
・どこでもサービスを利用できる
・安定運用、可能性が高くなる

などの項目が主に挙がっております。

2.サービスの詳細は?

月額などの利用料は必要なく、『利用したい時』『利用したいサービ』
『利用したい分』『利用に応じたスペック』
実際に使用した量に応じて料金を支払うシステムです。

https://aws.amazon.com/jp/pricing-list/

例えばレンタルサーバーと比較してみます。

レンタルサーバーでは、プランに応じた月額費用をプラン内のスペックを全て使用していないにも関わらず支払います。

AWSの場合は、上記説明した通り使用した分のみ料金を支払います。

また、レンタルサーバーでは予めスペックや利用できるサービス等もプランに応じて決まっています。

AWSの場合は拡張したい時に、拡張したいサービスをすぐに利用できます。

3.具体的にどういった活用方法があるの?

様々なサービスが利用できるAWSですが、
今回は代表的なサービスとその活用方法をご紹介します。

■AmazonEC2 : 仮想サーバーの利用が可能 

https://aws.amazon.com/jp/ec2/

 

■Amazon CloudFront : 動画や画像などのコンテンツ配信が可能

https://aws.amazon.com/jp/cloudfront-cdn/

 

■Amazon S3 : オンラインストレージとして利用が可能

https://aws.amazon.com/jp/s3/

 

■Amazon RDS : データベースとして利用が可能

https://aws.amazon.com/jp/rds/

最後に...

AWSについてできるだけ簡潔にご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

サービスが沢山ありすぎて混乱してしまいますが、今自分に必要なサービスだけを厳選して使うことができる所が魅力的ですね!

AWSは個人でも利用することができますので、一度覗いてみてはいかがでしょうか?

https://aws.amazon.com/jp/

 

Amazon Web Serviceを知ろう!
しみず WEBディレクター&クリエイター

WEBディレクター&クリエイターのしみずです。 主にWeb制作に関係する業務を統括しています。

一覧へ戻る

私たちについて

私たち『Camarade(カマラード)』はクリエイター目線で
総合的な情報を発信するWebメディアとして
PhotoShopやillustratorの活用方法や、WordPressなどのCMSの
カスタマイズ方法など幅広い情報をお届けしていきます。
同時にSOHOやフリーランスのパートナーを募集しております。